千葉県の斎場選び

千葉の葬儀最新リサーチ

千葉県は公営斎場で葬儀を行うのは、東京都に比較してそれほど大変ではない、足の便を考えたアクセスの良い斎場が人気
千葉県の斎場選び

千葉県の葬儀には独自の風習が残る地域があります。

通夜を夜伽と呼ぶところも残っています。

夜伽は一晩中寝ないで、近親者が故人のそばに付き添っていることです。

通夜といっても現代の都市部の通夜は、一晩中起きて線香の火を絶やさないようにするということはしません。

しかし夜伽の場合は、線香やろうそくを絶やさないように見守りをします。

千葉県といっても都市部は都内への移動に便利なベッドタウンです。

通夜は夜7時くらいに行なって夜通しにはなりません。

こうした風習が残るのはごく一部の地域でしょう。

夜伽を行う際には、寝ずの番になるので、近親者で夜伽見舞いとして飲食ができるように、料理を差し入れしたりもします。

通夜見舞いとも言われ、食べ物以外に現金を差し入れすることもあります。

東京都では、よく公営の斎場を利用したくても施設が混雑しすぎてままならず、火葬まで待ち時間が生じるため葬儀をすぐに行うことができないとケースが増えています。

社会問題化しているといわれます。

2015年のある調査によれば、お隣の千葉県では、もう少し自体には余裕があるようで、火葬の際の斎場には公営の施設を利用する人が9割強にも上っています。

そのため、民営の斎場を利用する人はごくわずかであることがわかります。

通夜や告別式は他のエリア同様、民営の施設を利用するケースが半数以上を占めています。

公営斎場をそのまま利用することもあります。

参列者の交通の便などを考え、遠方から来た人でも利用しやすい、駅からアクセスの良い斎場は人気も高くなります。

PICK UP
  • 千葉の通夜振る舞いのマナー
    大皿に盛りつけられたオードブルや寿司をちょっとだけ口に運ぶのが、千葉の葬儀での通夜振る舞いのマナー
  • 千葉県の斎場選び
    千葉県は公営斎場で葬儀を行うのは、東京都に比較してそれほど大変ではない、足の便を考えたアクセスの良い斎場が人気
SITE MENU
PROFILE

友人が亡くなったのがきっかけで、終活をしようかと考えはじめました。

メールはこちら