千葉の通夜振る舞いのマナー

千葉の葬儀最新リサーチ

大皿に盛りつけられたオードブルや寿司をちょっとだけ口に運ぶのが、千葉の葬儀での通夜振る舞いのマナー
千葉の通夜振る舞いのマナー

地方によって葬儀の風習は違いますが、その中でも悩ましいのは飲食にかかる費用でしょう。

場所によっては、葬儀に出向いて飲食をする習慣がないところも多くあります。

千葉県をはじめ関東エリアでは、通夜振る舞いという形でオードブルなどを用意して、弔問客に飲食を提供します。

千葉や関東エリアでは、大皿に盛りつけられた料理から少しだけ取って、口をつけるのが礼儀とされています。

個別の食事を準備することは少なく、自分で量を調節できる場合が多いので、少量だけ持って少し食べるというマナーになります。

口をつけることで供養になるので、お断りせずに形だけ口に運びます。

大皿に盛られたオードブルの内容は、つまみやすい寿司などです。

飲み物にはアルコールも含まれます。

日本酒、ビール、お茶などが準備されています。

関東以外のエリアでは、個別に料理を準備して、しっかり食べるところもあります。

場所によって習慣やマナーが大きく違ってくるのがわかります。

このほかにも、親族など近しい人だけが集まる火葬の後の精進落としの飲食があります。

こちらは人数も少なくなり、料理屋などに場所を移動して食事を行うことになります。

飲食に関する費用は、人数にも左右されますし、会場として借りる場合は、会場費なども合わせて請求が来ることになります。

どこを抑えて、何人分の食事を準備するのかというのは、葬儀社との話し合いにもなります。

大規模な葬儀を行うとなると、それなりの費用をあらかじめ想定しておく必要があります。

PICK UP
  • 千葉の通夜振る舞いのマナー
    大皿に盛りつけられたオードブルや寿司をちょっとだけ口に運ぶのが、千葉の葬儀での通夜振る舞いのマナー
  • 千葉県の斎場選び
    千葉県は公営斎場で葬儀を行うのは、東京都に比較してそれほど大変ではない、足の便を考えたアクセスの良い斎場が人気
SITE MENU
PROFILE

友人が亡くなったのがきっかけで、終活をしようかと考えはじめました。

メールはこちら