これだけ違う、千葉県内の葬儀の流れ

千葉の葬儀最新リサーチ

千葉県の葬儀は他県と違って特長的なならわしが少なくありませんが、エリア別に合理化がすすんでいるところもあります
これだけ違う、千葉県内の葬儀の流れ

千葉県といっても広く、東京都側の都市と、山間部、海側では葬儀の風習も大きく異なります。

千葉の大都市は東京と同様に、合理化が進み、省略されてきましたが、海側の房総エリアでは、古い習慣がいまだに根付いている地域が残されています。

千葉県と一口に言っても、地域によって風習が異なり、冠婚葬祭に対するものの考え方も違ってきます。

葬列の風習の名残があったり、葬式組が寺院と連絡をとりながら葬儀を取り仕切るエリアもあります。

葬儀に集まった人で別れの酒を回し飲みするエリアもあります。

年寄り講と言われる地元密着型の集まりがあり、地域に不幸が出ると、葬儀などの世話をします。

地域社会の強いつながりがわかるエリアです。

千葉県の葬儀で他の地域と大きく異なるもののひとつに、通夜の翌朝に火葬を行う前火葬があります。

前火葬は銚子市近辺で、葬儀後に行なわれる後火葬は千葉市近辺で行われることが多く、館山市近郊では葬儀の日の朝に火葬を行うと、千葉県でもエリアによって火葬のタイミングが変わります。

同じ千葉県内でも、葬儀の流れが違うことに驚きます。

火葬の後、骨壺に全ての遺灰を納めるのが銚子市や館山市で、一部のみを納めるのが千葉市近郊とも言われます。

千葉の都市部は東京同様に、葬儀の当日に初七日の法要までを一通り行い、精進落としもあります。

香典を渡して当日返しで香典返しが戻るのも、葬儀の合理化が進む関東エリアの他の地域とあまり変わりはありません。

PICK UP
  • 千葉の通夜振る舞いのマナー
    大皿に盛りつけられたオードブルや寿司をちょっとだけ口に運ぶのが、千葉の葬儀での通夜振る舞いのマナー
  • 千葉県の斎場選び
    千葉県は公営斎場で葬儀を行うのは、東京都に比較してそれほど大変ではない、足の便を考えたアクセスの良い斎場が人気
SITE MENU
PROFILE

友人が亡くなったのがきっかけで、終活をしようかと考えはじめました。

メールはこちら